熱中症?

今回は熱中症に関して少し説明します。
炎天下の中でのスポーツ、レジャーの時ばかりではなく、仕事中や普段の生活の中でも、起こりえるのが熱中症です。もし下記のような≪症状≫があった場合は、慌てず、されど急いで救急処置をしてください。普段から心がけて注意する事で、熱中症は予防することが出来ます。
熱中症予防ポイント●
体調を整える!(日頃から栄養バランスの良い食事を取る)
こまめに水分補給!
服装に注意!(通気性の良い、涼しい服装で)
無理をせず、適度に休憩を!
≪症状≫    
熱失神・・・皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こるもので、めまい・失神などが見られます。顔面蒼白、呼吸回数の増加、唇の痺れなども見られます。脈は速くて弱くなります。
熱疲労・・・大量の汗をかき、水分の補給が追いつかないと脱水が起こり、熱疲労の原因となります。脱水による症状で、脱力感・倦怠感・めまい・頭痛・吐き気などが見られます。
◆熱けいれん・・・大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足・腕・腹部の筋肉に痛みを伴った痙攣が起こります。
≪救急処置≫
熱失神熱疲労・・・涼しい場所に運び衣服を緩めて寝かせ、水分補給をすれば通常は回復します。足を高くし、手足を抹消から中心部に向けてマッサージするのも有効です。吐き気や嘔吐などで水分補給が出来ない場合には病院に運び、点滴を受ける必要があります。
◆熱けいれん・・・生理食塩水(0.9%)を補給すれば通常は回復します。